忍者ブログ
セジュール(居間)のピアノとsakurairoの日々を綴ります。 お気軽に足跡残してくださいね(*゚ー゚*)...  
[118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ピアノ】

会場のピアノはヤマハのC5でた。
C5というピアノは、何度か触れたことがあり
この練習のまま弾けるように・・と
会場を思い浮かべながら練習したことを思い出します。
とは言え、練習ではいつもいっぱいいっぱいで
目の前にある音符を追いかけるのが精一杯だったかも(笑)。

ピアノの鍵盤は、人工象牙でしっとり吸い付くような鍵盤。
着地ミスの多い私にも優しく受け止めてくれると感じ、
特に黒鍵は自宅のピアノより低めで打鍵しやすく思いました。

ピアノによる差を感じることが多い私でしたので、自宅のピアノとの差も少し綴っておこうと思います。

鍵盤の大きさが1ミリ違うとしたら、オクターブでは7ミリほどの差が生じます。
楽興の時op16-3では9度の5つの音の和音(ソシレファラ)があり、否応無しに感じるものでした。

この感覚は、自宅以外のピアノに触れる機会を持つようにすることでしか
維持できないという思いもあり
レッスンや練習室へ行く回数も増やして来ました。
私のピアノは、白鍵・黒鍵ともにスマートな作りで
聞いた話では『鍵盤の規格が統一される以前のピアノ』という枠に入るかもしれません。

オクターブの感覚・・
そしてアルペジオの感覚・・
C5の感覚を維持することは難しいと、暗譜することに(笑)
鍵盤を見ながらだったら、着地ミスも多少は減るのでは・・と^^;

ピアノ選びでは後悔の気持ちは無いものの、同じピアノで自宅練習できたら良いだろうな・・という
思いはありました。
今のヤマハのアップライトは触れたことが無いものの、娘の先生の30年ほど前のアップライトは
C5の鍵盤の感触とはまた違い
そして私の先生のピアノは、娘の先生のピアノと同じか、もう少し鍵盤が大きいと感じました。

鍵盤の感覚には、少し慣れたと思いましたが
当日のピアノは、とても良く鳴るピアノで
どちらかと言えば鳴り過ぎるほど・・と思いました。
ピアノが鳴るのか、それとも会場のつくりによる響きなのか
少し弾いただけでは、どちらがどう関係しているのか分からないものがありますが
C5というピアノが持っている本来のパワーと、建物の設計による違いを感じずには居られませんでした。

発表会に使用した会場は、会場企画・自主企画のコンサートが行われる事もしばしば・・
月に1.2度、ピアノや室内楽のコンサートが催されています。
来月には、サロンコンサート『ブラームスピアノ曲集』
スケルツォ 作品4 ピアノ小品集 作品117 ピアノ小品集 作品119 ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ 作品24
前売り2700円・当日3000円
自転車で5分の距離・・と考えると、一度は行ってみたい!!
自分が弾いたことのある会場のピアノを、ピアニストならどうコントロールして弾くのだろうか・・^^
同じピアノでも違うんだろうな・・♪
(仕事をサボる言い訳を考え中^^;)


*後日娘の先生と会場のピアノについて話したのですが
床もフローリングで壁面も木材。
音を吸収するものがあまり無い状態で弾いたピアノ・・と。
壁際に着席された娘の先生と、実際弾いた私では
音量の差があるかもしれませんが、本当に良く鳴るピアノでした。
(当日はなんでそんなに奥に・・と思ったのですが、最後列に着席された理由も分かり、さすが先生!!と驚嘆)
本当に良い経験でした^^
 

【プチ親孝行】

子供の頃の発表会の思い出ナンバー1は、超高速スピードのエリーゼ。
その次の発表会でも、月光1を夜空なんて想像できないテンポで弾いた思い出。

演奏後、客席に戻ると母から駄目だし(説教?)
母はピアノも弾けないのに、私の緊張なんてちっとも考慮せず言いたい放題で^^;
当時は弾けない母に言われて怒ったこともありましたが、歳とともに申し訳なかったと・・
そんな気持ちに変化していきました。
---ピアノを習わせてもらっていたのに散々な演奏で、弾けないくせに言わないでと逆切れじゃ・・あんまりだ!---
 

私が発表会に出ると、色々な無理をしたのも
あの発表会が最後だった・・と、エリーゼを思い出されることを終わりにしたい気持ちもありました。(爆)
灰色のエリーゼの思い出が、リーちゃんとの連弾でピンク色に。
そしてラフマニノフとフィールドで・・何色の思い出になったでしょうか^^;

親孝行計画の殆どは滞りなく進んでいたのですが
1つだけ『ハプニング』はありました。
これが、フィールドの躓きの原因とも言えると思いますが~

第1部 連弾 第2部 ソロ
第1部が終わり、休憩の時間がありました。
母は通路でりーちゃんとお喋りしていたのですが、そこに『ビックリしたよ・・』と見知らぬ男性が。
その方は、実家のリフォームでお世話になった業者の方とのこと。
話を聞くと、私の職場も知っていていらしてくださった事もあるとか・・
(この時点では『まぁそうだったんですね。またいらして下さいね』と挨拶)
そして極めつけに、お嬢さんも生徒さんで演奏していると!!
リフォームの方で、お嬢さんが生徒さんで・・って
ギャー、それって
先生のお宅のお隣の方だ!!

地元・・と言うとちょっと違うのですが、隣町って感じのところなので
この手の話はわりと頻繁にあるんですが
まさか発表会の会場で、職場も知ってて実家も知ってる方に会うなんて・・
後で何言われるか・・(あそこんちの嫁、仕事サボってピアノ弾いてたなんて言われたら・・)
その気持ちがフィールドで爆発しちゃったんですよね←言い訳ね^^;
アルペジオ凸凹だった~~

とは言え、発表会でプチ親孝行も出来た訳だしと満足。
後は母がどう感じたかな・・と好奇心で
りーちゃんを使って母に感想を聞いてみました(爆)

『ばあちゃん、すごかったって』と娘は満足気。
私は何がどうすごかったのか・・と気になったままなのですが←自分からは聞きにくい
親子連弾の夢も叶い、最後の発表会で駄目だしはされなかったし
めでたし・めでたし・・でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
お久しぶりです!
発表会おめでとうございました〜
沢山の曲を演奏されて、その後に冷静に記事を書かれているのが素敵だな〜まじめで几帳面な性格が伺われます。
先ほど娘さんと連弾された曲を聴かせて頂きました。
丁寧で良い演奏でしたね〜将来が楽しみです。
sakurairoさんはこれから何を練習されるのか?
またお邪魔させてもらって、参考にしますね。

私も発表会は参加したのですが、記事を書く気が起きない…
マズルカ1曲だけですし、それなのに沢山のミス…
で、いつも思うのが、一緒に演奏した人たちの中で、
一人の女の子がいつも丁寧で綺麗な音で弾くということ。
上手く弾くということと、感動させる演奏とは違う。
感動したあげく、自分の演奏なんてどーでも良くなった。
来年も彼女の演奏が聴けるかな〜なんて思う日々です。

さて…そろそろ自分の方の記事を書かなくちゃ…ではまた!
laysy URL 2009/09/07(Mon)20:27:23 編集
Re:laysyさんへ
いつもありがとう♪
私も自分の発表会が終わり、laysyさんも発表会が・・と
とっても気がかりでした。
多肉さんに癒されていたことと思います^^

>発表会おめでとうございました〜

ありがとうございます♪
幾多の困難を乗り越え^^;いつも励まして温かいお言葉を頂戴したお陰です!
発表会のリハでは何故かシンフォニア1を弾き、例の楽譜からlaysyさんを思っておりました。

>沢山の曲を演奏されて、その後に冷静に記事を書かれているのが素敵だな〜まじめで几帳面な性格が伺われます。

いえいえ!私には再会して最初で最後の発表会ですもの
ちっとも几帳面じゃないですよぉ^^;
数年・・発表会ネタで引っ張る予定ですので、お付き合いくださいませ^^

>先ほど娘さんと連弾された曲を聴かせて頂きました。
>丁寧で良い演奏でしたね〜将来が楽しみです。

ありがとうございます。
PCの後で娘がピアノ練習をしておりましたので、リアルタイムでコメントを見ていました(練習は中断しその後椅子に寝転がっています^^;)
バッハの連弾では、原曲をいずれレッスンすることを考えると色々迷いました。
ト長調はレッスンしていただいたので・・と、続きのようなト短調も連弾のアレンジでチャレンジ。
楽しく弾く事が出来ました~~

>sakurairoさんはこれから何を練習されるのか?
>またお邪魔させてもらって、参考にしますね。

練習・・って言うか、譜読みにやっとエンジンがかかった感じ^^;
ずっと同じ曲と向き合い、譜読みはあとであとで・・と
ノロノロだったのでやっとお尻に火がつきました。
次はショパン ノクターン10番。中間部の譜読みに苦労しています。
laysyさんの次の曲も楽しみにしています^^
ぜひぜひお知らせくださいね。

>私も発表会は参加したのですが、記事を書く気が起きない…

聞きたいな~~
色々なご経験・ご感想laysyさんらしい発表会だったのではと想像していますよ~~

>マズルカ1曲だけですし、それなのに沢山のミス…
>で、いつも思うのが、一緒に演奏した人たちの中で、
>一人の女の子がいつも丁寧で綺麗な音で弾くということ。

laysyさんはいつもそんな風に謙遜されるけど
元々持っているものが違うんだから自信持ってくださいよぉ^^
でも丁寧に演奏される女の子・・どんな女の子かなぁ、、娘もそうなって欲しいな~~。

>上手く弾くということと、感動させる演奏とは違う。
>感動したあげく、自分の演奏なんてどーでも良くなった。

そういった経験が大切なんですよね。
だからかな・・みなさん『どんなに小さな発表会でも発見がある』と仰るんですよ。
憧れちゃうな^^

>来年も彼女の演奏が聴けるかな〜なんて思う日々です。

うんうん、その時はlaysyさんも自信持って挑んでいらっしゃると思います。
また次の発表会まで一緒に歩きましょうね!

>さて…そろそろ自分の方の記事を書かなくちゃ…ではまた!

私も追いかけますね~~って、記事アップされてるかな^^
落ち着いたら私もバラのパターンを編みたいです!
【2009/09/07 20:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
次のキリ番は19000番です。 19000番目にご訪問下さった方は、sakurairoのリンク集よりメッセージを頂けますと幸いです♪
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
sakurairo
性別:
女性
趣味:
ピアノ
自己紹介:
ピアノを再開して8年目です。
再開してバッハに出会い、只今フランス旅行中(笑)
穏やかで優しい気持ちでいられますように・・♪と願ってピアノに向かっています。
最新コメント
[01/03 laysy]
[12/11 emika]
[12/11 karinne]
[12/10 poco]
[12/10 yu-ki]
sakurairoのリンク集
メッセージ



過去のレッスン曲
*チャイコフスキー 四季6月舟歌
*メンデルスゾーン 狩の歌
*ショパン ワルツop69-2
*ブラームス ハンガリア舞曲5番
*ベートーヴェン ピアノソナタ第8番悲愴2楽章
*フィールド ノクターン第1番
*チャイコフスキー 四季10月秋の歌
*ベートーヴェン ピアノソナタop49-2
*ラフマニノフ 楽興の時op16-3
*ショパン ノクターン 19番
*フィールド ノクターン 12番
*ショパン ノクターン10番
*モーツァルト ピアノソナタkv331 1.2.3楽章
バッハ インヴェンション 15曲
バッハ シンフォニア 1番
バッハ シンフォニア 15番
バッハ フランス組曲 5番 アルマンド
バッハ フランス組曲 5番 クーラント
バッハ フランス組曲 5番 サラバンド
バッハ フランス組曲 5番 ガボット
バッハ フランス組曲 5番 ブーレ
バッハ フランス組曲 5番 ルール
バッハ フランス組曲 5番 ジグ
レッスン曲
ハノン(有給休暇中)
ツェルニー40番(ずーっと、お休み中)
ハイドン ピアノソナタ59番
バッハ フランス組曲4番 アルマンド
ドビユッシー アラベスク1番




素材屋さん
アクセス解析
忍者ブログ [PR]